ブリッジ訪問看護ステーション|京都・滋賀

本田選手残留

2017-02-23

セリエA、ACミラン栄光の10番の本田選手が残留しました。

 

厳しい立場だとは思いますが応援してます。

 

 

ちょうど勤めて二年半になります。

 

色んなことがありました。

 

ブリッジ訪問看護ステーションの立ち上げ一か月目に入職したものですから

 

一から営業、リハビリ部門の仕組みづくりと大変ですが充実した毎日でした。

 

やっぱり一から何かを作り上げるのは性に合っているみたいで

 

こう開拓心をくすぐられるというか挑戦している感じがすごく良かったです。

 

挑戦はいくつになっても続けたいものです。

 

 

所長には自由に動かさせて頂きました。

 

自分の追及している作業療法も間違いではないと確信が持てました。

 

入職してこられる事務の方や看護師さん、セラピストの方にも大変お世話になりました。

 

これだけ、他職種の方とお話しできたことは今までなかったと思います。

 

 

訪問看護師という職業の奥深さや葛藤、

 

事務のプロとはどういいうものか、

 

訪問の言語聴覚士の働き方、考え方

 

会社はどうあるべきか、その中で自分はどうすれば良いか

 

皆さんのお話を通して

 

大変、勉強になりました。

 

 

これからも自分にとっては天職だと感じている

 

作業療法士を

 

理想に向かって

 

続けたいと思います。

 

 

本田選手にはなれないですが、

 

頑張ろう!

 

作業療法士:T