ブリッジ訪問看護ステーション|京都・滋賀

スタッフ紹介

ブリッジ訪問看護ステーションのスタッフです。
万一、ご利用者様にご迷惑などがかかるといけませんので、イニシャルでご案内させて頂きます。
皆、お互いを尊敬し、切磋琢磨していけるメンバーですのでよろしくお願いします。

代表 T.H (男性看護師)

所属経歴・・・手術室、救命センター、集中治療室
両親をこの手で看護したいと一念発起、その夢はかなわなかったが自分の住む地域に何らかの形で貢献できたらと思いステーション開設に至りました。
地域のことにも積極的に参加し必要とされている方のもとへ看護を届けたいと思っています。

所長 H.A (男性看護師)

akune

看護師として永年病院で患者さんに関わってこられ、病院のその先を看たいと思われ当事業所を選んでくれました。
利用者さんともすぐに打ち解けられるコミュニケーションスキルを持ち、どうしたらよい生活を提案できるのか一緒に考えてくれるスタッフです。

スタッフ看護師 A.K (女性看護師)

photo2

利用者さんのそばに行くと活き活きとした看護が行える看護師です。今ブリッジの一員として大きく貢献している存在です。一見クールに見えますが、一人一人の良きところを見出して助言してくれます。
その笑顔に今後癒されていく利用者さんが増えていくこと間違いなしです。

スタッフ看護師 M.A (女性看護師)

足立

患者さんのそばに立ちたい、寄り添いたいという思いを持ち看護師を目指されました。
今までは透析を必要とされる方のそばで看護をされてこられました、苦痛や思いを聞き看護されてきたと思います。
訪問看護に飛び込み今までの経験を生かし、利用者さんに寄り添った看護をしてくれます。

スタッフ看護師 Y.S (女性看護師)

sawai

心臓、呼吸器の専門病棟で経験後、小児科で看護の経験を積んだ方です。
退院後在宅での生活を考えたときに、訪問看護に結びついたとの思いたどり着き踏み出されました。またお子さんとの時間を大切にしたいと思われている方です。
今までの経験を活かし、新たに看護を磨いてくださります

スタッフ看護師 Y.Y (女性看護師)

y

いろいろな看護の経験を積み、訪問看護の道を選ばれました一人一人の思いを大切にして訪問を行い、自宅で生活される方々の生活を支えることに訪問看護の
楽しさを見出されました。これからも訪問看護を通して皆様のもとへ看護を届けてくれます

スタッフ看護師 T.K (女性看護師)

k

小児看護を大学病院で学び、また全身管理も学びながら地元に戻られ訪問看護に来られました。
病院と在宅の違いを感じながら、楽しみながら訪問をしてくれています利用者さんとじっくり話をしながら押しつけの看護を進めるのではなく一緒に考え看
護を進めてくれています

スタッフ看護師 Y.K (女性看護師)

K

精神科の経験があり、その看護を生かしながら在宅に来られました。
病院では見れない利用者さん方の声に耳を傾けて看護されていきます。
一緒に散歩をするだけでも利用者さんに沿う看護を提供してくれます。

 

スタッフ看護師 M.T (女性看護師)

MT

看護学校卒業後、地元の病院に就職され高齢の患者さんや医療依存度の高い方の対応をされてきましました。
「高齢者の方とお話をすることが好きなんです。」と話をされる眼は活き活きとしています。
まだまだ看護師経験は短いですが、しっかりと看護を学んで皆さんに安心を届けてくれることでしょう。

スタッフ看護師 K.H (女性看護師)

堀井

ライフイベントにより九州から初めて関西滋賀に来られました。
見知らぬ土地で思い切って訪問看護に飛び込んでくれました。
いろんな意味で一から勉強していきながら頑張ってもらおうと思います。
周りのスタッフも一緒に学びながら一緒に成長していければと思います
若さと行動力で皆さんに看護を提供できることでしょう

スタッフ看護師 M.I (女性看護師)

MI

鹿児島から滋賀の本部へ転勤となりました。
言葉や環境が違うことをものともせず一人一人の利用者に看護の提供を行ってくれま
す。
たまに?出る鹿児島弁を楽しんでください。
 

 

スタッフ看護師 A.O (女性看護師)

ogawa

病棟で退院されていく方々を見ながらその後の生活にすこしでも力になれたらと転居
を機に訪問看護へ足を踏み入れてくれました。
小さいお子さんを育てながら頑張るママさんでもあります。少しづつ利用者さんと距
離を近づけながら今まで学んだ看護を提供してくれます。

言語聴覚士 T.I (言語聴覚士)

photo31

地域にとって貴重な言語聴覚士です、今までにないリハビリの視点を見出してくれます。パワフルな面もありながら、患者さんに対する細やかな観察力で今後の地域リハビリの礎を築いていく一人になります。また予防的かかわりも大切な事であり入退院を繰り返す高齢者を見て訪問の道へ飛び込んできてくれました
看護とも調和しながら訪問してくれることでしょう。

理学療法士 R.T (女性セラピスト)

T

回復期、デイケアなどで経験を積み、今回大津に転居を機に訪問への道へ進まれました。
一人一人の生活の中でのその先を見据えリハビリを提供していきたいとの思いを持って当事業所に来てくれました。
もう一名のセラピスト(理学療法士)とともに皆さんにご自宅で安心してリハビリが行えるよう勧めていってくれます。
とても笑顔が絶えない方ですがリハビリ時の目は真剣です。

理学療法士 Y.D (女性セラピスト)

T

急性期の病院でリハビリをされてこられました。
自分を見つめなおしたいとの思いで一度リハビリから全く違う職種へめをむけられましたが、やっぱりリハビリが好き、元気になられる姿に関わることにやりがいを感じ
られ戻られました。
訪問は初めてですがもう一名のセラピストと協力して研鑽してまいります
物静かな中に熱いものを持ったセラピストですです。

理学療法士 Y.Y (男性理学療法士)

yamanaka

長年回復期病院にて在宅を目指す患者さんのリハビリをされてこられました。
もっとリハ職として自分自身で何かできるのではないか、もっとこうして上げられたらよくいなるんじゃないかと思われ、在宅へ気持ちを向けられ当事業所に来てくれました。
今までの経験はもちろんどうしたらよい方向へ向かうことができるのか、本当に利用者さんの求めていることは何なのかをしっかりと受け止めてくれることでしょう。

事務スタッフ Y.Y (女性事務スタッフ)

izaki

今まで全く医療の現場と違う仕事をされてこられた方ですが、ご家族の看護(介護)をされ少しでも同じように大変な思いをされている方のお手伝いができたらと思い、医療の世界に入ってこられました。
以前のお仕事も人と人の思いを形にするお仕事であり、つながりを大切にすることを大事に思われています。

事務スタッフ Y.N (女性事務スタッフ)

ys

大学病院で医療事務職を経験されてきました。
直接患者さんとお話しする機会がある中で現場を離れてからもう一度何らかの形で患者さんを支えたいと当事業所に来てもらえることになりました。
訪問看護の事務職としての経験はないですが、一つ一つ丁寧にかかわりたいと穏やかに話してくれます。

私たち医療職を支えてくれる大事なメンバーになってくれるでしょう。

事務スタッフ I.C (女性事務スタッフ)

CI

台湾出身の事務アシスタントです。
日本に来て数年たつとのことですがまだまだ日本語は難しいと笑顔で話してくれます。
頂いたお電話にも四苦八苦ながら頑張って対応してくれています。
でもやる気とガッツで頑張ってくれる頼もしい人材です。